2014年10月16日

ブログ引っ越しました

長年seesaaさんにお世話になりましたがブログを引っ越しました。
前のcssは自分で作ったものだけど、デザインもかなり古くなってるのでリニューアルしたいなあと思ったのと、やっぱり広告が入らないほうがいいなと思ったことが大きな理由です。
新ブログはこちら↓
http://initial-d.jpn.org

個別の過去記事からのリンクについては確認したつもりですが、もしうまく飛べないところがあったらすみません。
ちなみに、スマホ版Seesaaの方はまだリダイレクト設定していないので、新ブログに飛ばずにSeesaaの記事が出ます。

にしても、始めてからもうかれこれ10年も経っていたことにびっくり。
今後もぼちぼち更新していきたいと思いますのでよろしくお願いします。
posted by Silvia at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のカテゴリ
2014年10月13日

ロシア極東でドリフト人気

「日本のDVDや漫画、若者を魅了」とあるからには、これは絶対頭文字Dが入っているだろうと思って記事を読んだら…!

書いてないじゃん。
朝日デジタルの方では、ログインして「続きを読む」となってて、デフォルトでは肝心の最後の部分が800字ほど読めません。

ので、朝日デジタルの元記事側でログインして続きを読んだところ、ロシア人の選手の言葉が載ってて、
「人気漫画「頭文字(イニシャル)D」に登場する走り屋の若者に憧れた。車は主人公と同じトヨタのスプリンター・トレノ。「いつかは主人公のように走りたい」と練習に励む。」

と、しっかり出てましたよ、と。


ロシア極東、ドリフト人気 往年の日本の名車、走り競う

朝日新聞デジタル 10月8日(水)23時3分配信

主に1990年代のトヨタや日産、マツダの名車が観客をわかせた=9月21日、ロシア極東アルチョム、中川仁樹撮影

 シルビア、マークII、スープラ……。懐かしい日本の中古車が、ロシアのモータースポーツで活躍している。フィギュアスケートのように、走りの華麗さを競う「ドリフト」競技で、手頃な価格と運転のしやすさが人気の秘密だ。

【写真】90年代を中心に、トヨタや日産、マツダの名車が観客をわかせた=21日、ロシア極東アルチョム、中川仁樹撮影

 「3、2、1」。カウントダウンが終わると同時に2台の車が猛烈な勢いでスタートした。日産自動車のシルビアとスカイライン。ともに10年以上前の車だ。カーブに来ると、並んだまま車の後部を大きく振り、斜めになって曲がって行く。タイヤが路面と擦れ、大量の煙が舞い上がった。

 ロシア極東のウラジオストク郊外で9月19〜21日に開かれたドリフトの大会。レース場には、1990年代を中心に、日本の名車がずらりとそろった。その多くが、すでにカタログから消えて久しい名前だ。

 一番人気はシルビア。地元選手の上位16台中、7台を占めた。チブチャン選手(28)の愛車は99年式。10年前、静岡県で数十万円で買った。鮮やかな黄色に塗り直されて新車のようだ。「車体のバランスがとてもいい。いまなら1千万円の価値がある」とほれ込む。

 トヨタ自動車のマークIIは「サムライ」の愛称で親しまれている。サボーチキン選手(27)は、ドアもエンジンもない95年式の車体を購入した。「どうせ改造するから、何もない方が安くていい」と話す。

 製造から20年前後の古い車でも、競技用の部品で強化すれば、実力はいまだに一線級。トヨタ車に日産のエンジンを積むなど、車の改造に工夫を凝らすのも楽しみの一つだ。

 90年代の日本車には、まだバブルの余韻が残っており、ドリフトに向いた後輪駆動の高性能車が数多く生まれた。その後、乗用車の主流が、燃費がよく、車内が広い前輪駆動車に移ったことも、古い車が使われている背景にある。


■日本のDVDや漫画、若者を魅了

 自動車競技は最高峰のF1をはじめ、改造した市販車のレースや、山道や雪道で競うラリーなど、欧州発祥のものが多い。今月10〜12日には、今年2月に冬季五輪が開かれたソチで、ロシアで初めてのF1のレースが開かれる。

 ただ、極東は、ドイツやイタリアなど、自動車レースが数多く開かれる本場とは遠く離れた場所にある。一方で、日本との距離の近さから、街を走る車の8割弱が日本の中古車だ。

 極東に、中古車とともに入ったのが日本の「ドリフト」文化だった。

 ドリフトは、日本生まれの新しい競技だ。速さを競う他の競技に比べ、ダンスのような車の派手な動きや、観客席から全コースを一望できる娯楽性がファンのこころをつかみ、各地で競技会が開かれている。

 ロシアでは2006年ごろから、極東のクルマ好きが集まって、日本の「ドリフト」をまねるようになったという。広場などで競技会が行われるようになり、そこに観客もつき始めた。いまではモスクワなど全国に広がり、ロシア・ドリフト・シリーズ(RDS)として5地区に分かれて行われている。タイヤやオイルなどの部品メーカーが徐々にスポンサーとして支援するようになり、プロ選手も生まれている。

朝日新聞社

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141008-00000049-asahi-int
http://www.asahi.com/articles/ASG9T5D72G9TUHBI01C.html
posted by Silvia at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のカテゴリ
2014年09月23日

今回の新劇場版映画の3DCG-サンジゲン

今回の新劇場版映画の3DCGも、これまでとは違う布陣で作成されている。
概要のまとめとともに、同時に自分的備忘録としても一応下記にリンクをおいときます。

今はちょっと時間がないので、記事内容に関するあれこれはまた後日。

G:
松浦さんが上京するのと同時期に始まったアニメの頭文字Dは18年かけてシリーズを重ね、さらにこうして新劇場版が作られるに至ったわけですが、松浦さんは「CG技術そのものはFirst Stageからさほど変わっていない」と仰っています。

松:
はい、変わっていません。

特にこのあたりが「ん?」と思ったところ。


サンジゲンのサイトを見ると、「009 RE:CYBORG」とかその他のアニメーションを手がけているという。

「009 RE:CYBORG」は、大画面テレビに買い換えて、なんかきれいな映像を見てみようと思い、借りてきたBlu-rayで見たと思う。
確かに全体的にすべてがきれいだった。
攻殻機動隊っぽいな〜という印象だった。
…と思ったら、攻殻と監督や作画監督が同じで、「共同制作:Production I.G / サンジゲン」だった。

http://009.ph9.jp/staff/

まあどちらかというと、「サイボーグ009ってどんな話だっけー?」とか「9人思い出せるか否か(ちょっと厳しいな)」ということばかり考えながら見ていたので、気が散ってどうしようもなかったけど。


このサンジゲンのサイトを見て、これまでに手がけたアニメーション一覧を見てみると。。
ほとんど知らなかった…
が、これだけ一覧を見ていると、やっぱジャパニーズ・アニメーションってすごいな、いろいろと。とか思うわけです。

http://www.sanzigen.co.jp/works/

で、唯一といっていいほど見て知っていたのが「Lupin the third 峰不二子という女」だった。
これはストーリーがちょっと乱暴すぎて、「それやったらだめだろ〜?」という禁じ手をやらかしてしまってるので、放映当時はネットでも酷評が激しかった。

とはいえ、ストーリーはボロクソ言われてたけど、「音楽と絵はおしゃれ」というのが定評だった。

けど、絵があまり動かなくて「紙芝居」とも形容されていたこの作品で、そんなに3DCGが活躍する場面ってあったっけ?
城とか遊園地とか、わけのわからん研究所とかのあたりかな。

ほかには「鋼の錬金術師 シャンバラを往く者」も見たけど、“壮大さを感じさせる空間”を演出しているのがおそらくこの3DCGなんだと思う。
ただ、それが「いかにも作りました」という感じではなく、全然違和感がなく見ていられるところがすごい。



▼『「新劇場版 頭文字D」を制作したサンジゲンの松浦裕暁さんにインタビュー、CGか作画かを問わず面白い作品を生み出す』
http://gigazine.net/news/20140814-hiroaki-matsuura-interview/


この松浦さんという、サンジゲンの代表取締役でもありCGクリエイティブプロデューサーでもある方が福井県出身だということで、福井新聞でも取り上げられてました。

▼『アニメ頭文字Dを迫力のCGで表現 越前市出身の松浦さんが映像制作』
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/54090.html

こちらは先日の記事内で紹介したリンク:
▼『新劇場版「頭文字D」の秘密兵器は「Dタッチ」 3DCGで存在感を示すサンジゲンの新手法とは?』
http://ddnavi.com/news/205537/



posted by Silvia at 18:50 | Comment(0) | 頭文字D 新劇場版
2014年09月15日

「ハチロク」再生産もあり得る?-その2

昨日の記事について。

「ランクル70」復活  ならば「ハチロク」再生産もあり得る_web2.jpg

このライターさんの言いたいことは、ここで後略している5ページ目にまとまってるんだけど、結論から言うと、AE86という過去の名車が簡単に再生産できないのは、
「軽い・安い・速い」と三拍子そろったFR車ができないから
ということになる。

ハチロクからは、ドリフト(=軽い)、決して高級車ではない(安い)、スポーツタイプ(=速い)のどれもがはずせないというわけで、これをどうしたら実現できるのか? と検討している記事。
特に、重量に関していろいろと計算しているあたりは、本当にお疲れ様ですという感じ。

日本で復活したというランドクルーザーは、実は完全に生産中止になっていたのではなく、海外ではずっと販売されていた。
モデルそのものが途絶えてしまったハチロクとはこの点が決定的に違うと。
なので、AE86が復活のために一から設計や生産をするのでは、価格的に割があわなすぎるというわけ。

この記事は、「軽い」「安い」を実現するために、ボディやシャシーに何を使うか(既存のどの車のをもってくるか)という点に主眼をおいて考えている。
もちろん、速さ実現についても触れている。


だがしかし…!
ハチロクに限らず、過去の名車がなかなか再生産できない大きな理由がほかにあった。
それを言っちゃあもうおしまい、って感じのとどめっぽい一撃ですな。
まあ、クリアしようとしてできないことはないだろうけど、それをしたらやたら価格が跳ね上がりそう。

やっぱ、車って、特に「若者の車離れが云々」って言われてる昨今は、高いのではだめでしょ。
せいぜい200万円くらいでないと。
今の車はどれもやたら高い気がする。
昔に比べると、電装系がかなり多く使われているので、それで高いという話を聞いたことがあるけど。

もうかれこれ14年ほど前になるけど、スカイラインGT-Rで、「桜井眞一郎氏監修・限定復刻」という企画があった。
身内がこれにちょっと関係してたので聞いていた。

R32にちなんで、限定32台という稀少性。
予約開始から、なんと1分で完売したそうだ。(その後キャンセル待ち続出)

これは復刻といっても昔の型通りに一から作ったものではなく、たしか既存の車をベースに復刻版改造したものだったと記憶している。
そんなこんなで、ある意味(ストレートに言っても同じかな)中古車なので、そこそこ不具合が発生して問い合わせがよくあったと聞いた記憶もある。

やはり、過去の車をまた一から作るのっていろいろとハードルが高くて難しいんですね。

当時はまだ今ほどにインターネット時代ではなかったので、そのときのニュースがなかなか探せなかったんだけど、こちらにありました。

http://response.jp/article/2000/10/06/4755.html
http://usedcarnews.jp/archives/11979
http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2000/1005/gentei.htm
posted by Silvia at 12:03 | Comment(0) | その他のカテゴリ
2014年09月14日

ハチロク再生産もあり得るか

「ランクル70」復活  ならば「ハチロク」再生産もあり得る_web.fw.png

長いっす。読み応えありすぎ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140914-00000007-wordleaf-ind&p=1
THE PAGE 9月14日(日)14時0分配信
「ランクル70」復活  ならば「ハチロク」再生産もあり得る?

[画像]AE86。ミニ・ソアラを狙った豪華装備のクーペとしてデビューしたが、FR最後のレビン/トレノであったことや後継クラスがどんどん肥大化したことで、後に軽量スポーツとして再評価されることになった

●AE86復活のいくつかの可能性を考える

「ランクル70が期間限定で復活しましたよね? だったらAE86も復活とかはできないんでしょうか?」
 
 THE PAGE編集部のSさんが切り出した。顔にはそういうテーマで原稿をと書いてある。正直、その時は「できるわけないだろう」と思った。「うーん……」と唸りながら、とりあえずその場は宿題にして「もしも」の話を考えてみた。その結果、いくつか面白い可能性に思い当たった。最初に言い訳をしておくと、そんなわけで今回の原稿は、申し訳ないがニュースというよりSFである。
「ランクル70」復活  ならば「ハチロク」再生産もあり得る?

[画像]10年ぶりに復活したランドクルーザー70は、来年6月30日生産分までの限定販売になる。国内で正規販売されたことのないピックアップも登場した
●ランクル70はなぜ復活できたのか?

 ハチロクの前に、まずランクル70の復活の話を簡単にまとめるところから始めたい。2004年に国内販売を終了したランクル70は、その後も海外では継続的に売られていた。日本マーケットだけ見れば華麗な復活劇かもしれないが、ワールドワイドに見れば、ずっと作っていたモデルである。

 2004年時点では厳しくなった日本の様々な規制で販売を断念したわけだが、世界各国で厳しくなってきた衝突安全規制に応じて各部をアップデートしてきた結果、ディーゼルは無理でもガソリンなら日本でも売れるようになったというのが復活劇の核心だ。念のためトヨタに確認したところ、日本導入に当たって、排ガスと衝突安全対策は海外仕様のままで変わっていないそうだ。

 規制をクリアしたから売ってみるというと、ちょっと聞こえが悪すぎるかもしれない。もちろん昨今のSUVとして珍しく金満臭のないランクル70が、潔いクロカンとして人気があるという売れそうな背景はもちろんあるのだ。そういう堅実な話と、モデルそのものが絶えて久しいAE86のケースと重ねるのは無謀である。だから「できるわけない」常識的にはそういう回答なのだ。

 しかし、確かに「今あのクルマがあったらなぁ」と思うクルマは沢山ある。何も模範的な回答じゃなくてもいいんじゃないかと。夢のある話を書いてみたい。
「ランクル70」復活  ならば「ハチロク」再生産もあり得る?

[画像]DBA-ZN6型。トヨタが企画し、スバルが設計を行ったこのクーペの最大の売りはドリフト。ユニークなコンセプトだ
●どんなクルマならハチロク復活になるのか?

 そんなわけで、ハチロクの話である。スバルと共同でつくった86/BRZ(86=DBA-ZN6型)がある今、それとは別のハチロクを作るとしたら、一体そのクルマに何を求めるのかから考えなくてはならない。

 86/BRZの開発に当たって、トヨタはハチロクの本質を「ドリフト」にあると考えたようである。現代のスポーツカーの水準からするとリアが全然踏ん張らない。ちょっと違和感があるほど後輪が出やすい。メーカーが、目指してそういうものを作ったことはなかなか興味深い。それは自動車が本当の意味で成熟商品になり「より高い性能を目指す」ものでは無くなったことを意味する。

 漏れ聞く話では、スバルは「リアをもっと踏ん張らせたい」と主張したらしく、その意見の相違が86とBRZのふたつの商品に枝分かれした理由の一つらしい。

 さてAE86を作るとしたら、86/BRZと違うアプローチでなくては意味が無い。ドリフトという部分以外にAE86に期待することと言えば、誰もが最初に考えるのは重量と価格だろう。

(後略)

(池田直渡・モータージャーナル)
posted by Silvia at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭文字D関連ニュース
2014年09月12日

新劇場版-頭文字D-制作の裏側を勝手に邪推

今年の夏に劇場版映画が公開されるということは1年位前から知ってたんだけど、その後は特典付き前売り券を買い忘れるほど完全にノーマークだったので、自分で思っている以上に周回遅れであることを思い知らされた今日この頃。

これまでの路線から刷新しているというのは前回書いた。

キャスト総入れ替えについてはやはり賛否両論みたいだね。
理由について勝手に邪推してみると。。
これまでの声優さんの方々は、皆さんベテランで知名度も高いので、当然ギャラも高いと思われる。
今回の若手(? 実年齢や経歴は知らないけど)さんたちなら、ギャラが安くできると思われ、その上彼らにとっても実績となり、お互いWin-Winってやつかと。

キャストだけでなく、音楽も制作会社も違うし、まあ考えられるところとしては、「これまでになかった頭文字Dを作ろう!」てなコンセプトかと予測。

んで、CGに関しては、いろんなところでインタビュー記事が出てる。
これはそのひとつ。

「新劇場版「頭文字D」の秘密兵器は「Dタッチ」 3DCGで存在感を示すサンジゲンの新手法とは?」
http://ddnavi.com/news/205537/

その中に、このような一文が…!

注意力散漫な記者には、映画のどのシーンも原作のタッチを生かしているように見えた。

やばいっす
自分の場合はこう

注意力散漫なブログ筆者は、「映画のどのシーンも原作のタッチが生きている」というのは後から知った。


車の走りとか、なんか滑らか? とは思ったけど、原作のタッチが生きているとまでは気づかなかった。
この、「原作のタッチに近い」という内容のことは、この記事だけでなく、ほかの記事でもよく出てる。

一応うちでは50インチの画面でDVD見てるんだけど、映画館のスクリーンは比べ物にならないくらい大きいからな〜
ちょっと大きすぎて視界に入りきらなくて、細かいところまでわかんなかったですよ、と言い訳してみる。

でも、バトルシーンもそうだけど、ほんとバトル以外の車の動きも自然で滑らか。

さらに、カメラアングルが道路から車のサイドに寄ってグオ〜ンと車を追い抜いていったりとか、これがすごい。
まさにこのカメラアングルが、自分の期待していたバトルシーンの車の描写。
大画面の迫力で、ぜひ映画館のスクリーンで見ていただきたいところ。

よく、漫画やアニメを実写映画にするってことがあるんだけど、ことごとく失敗するのは、やはり「漫画やアニメは実写ではできないことをしているから」。
それを現実にやろうとするとコメディかSFになってしまうんだよね。

いろんな漫画やアニメの実写版があまり評価が高くないのは、視聴者がそれまでに持っていた自分なりのイメージや世界観をぶち壊されてしまうほかに、このような「コメディかSFになってしまう」チープさってのが理由として大きいと思う。
(もともとSFコメディな漫画・アニメもあるけど、そういうのはあまり大きくはずしてない)


この新劇場版映画の頭文字Dのバトルシーンの車の描写は、絶対実写ではできない。
けど、めちゃめちゃリアルでかっこいい。
posted by Silvia at 20:29 | Comment(0) | 頭文字D 新劇場版
2014年09月10日

ブログを引っ越します

長年お世話になったSeesaa BLOGですが、このたび引っ越すことにしました。
ただいま、引越し先の準備中です。
記事はまだぼちぼち書いていきます。
posted by Silvia at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のカテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。