2005年06月29日

実写版映画 主題歌

そういえば、この映画の主題歌って誰が歌っているんだろ?と、ふと思ったらば、主役の周杰倫君が歌ってるらしい。
主題歌は『飄移』、挿入歌は『一路向北』だそうで。

ちなみに、「飄移」でぐぐると、いきなりこの頭文字D映画に関する海外サイトがヒットしてくる。驚き。
「一路向北」も同様。



最初は一瞬、「もしかしたらこの映画もmove?」なんて思ってしまったけど、やはり違った。
moveも全アジアでブレイクしたらよかったのにね。

posted by Silvia at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(4) | 頭文字D 実写版映画
2005年06月28日

実写版映画 公式サイト

公式サイト(日本語版)

http://www.initial-d.jp/

このサイト、ちょっと前は落ちてたような。昨日あたりから本格稼動したっぽいね。
avexnetでの試写会の“申し込み期限切れ”のリベンジマッチをすべく、このサイトでメルマガ登録してみた。

Coming Soonとなっているページも早く出来上がってほしいな。

「全アジア待望の」「完全映画化」なんだって。壮大だね。
なぜに「全アジア」?イタリアあたりでも峠とかありそうな気がするんだけど。

プロモーションビデオ(?)を見たところでは、クルマの走りは結構いいかも。
「青春ストーリー」よりは、やっぱりバトルメインを期待してます。
2005年06月26日

バトル決着のルール

バトルの勝ち負けの基準についてこれまであまり考えたことが無かったな。

渉と啓介のバトルでは、不幸にも渉がスリップ&スピンして負けてしまう。
この場面、ついつい、拓海の対・慎吾戦のときの360度スピンを思い出す。慎吾に後ろからつつかれてバランスを崩してしまうわけだけど、持ち前のテクニックでもって体勢を立て直して走り続ける、ってやつ。

渉もそれくらいできるんじゃないのかな。あれだけ啓介に闘争心を持って、気合と根性ばりばりで走ってるんだから、体勢立て直してバトル続ければいいのに。そういうのってナシ?という素朴な疑問が頭をよぎる。
途中経過はどうあれ、どっちが先にゴールに到達するか?ってことが重要なんじゃないのかなあ。

先行後追い形式のバトルだと、どっちかが抜かれた時点で負けって自動的に決まるのかな。
そういえば、どちらかが一旦抜かれても、また抜き返す形のバトルって、いつもスタートラインに並んで走り出すスタイルだったような。

でも、正丸峠あたりだったらほんとに車一台分しか道幅がないから、拓海以外のドライバーでは追い抜きなんて無理かもしれないけど、他の峠なら十分できるんじゃないのかなあ。それくらいのテクはみんな持ってそうだし。(まあ、ここの峠も道は狭いし、危険度はかなり高いけど)

といっても先行後追いでは、「先行が後追いを千切ったら勝ち=千切るまでエンドレス」ってことだから、そもそも追い抜きって概念が無いんだろうな。これは暗黙の了解ってやつか。
それが、「ここは追い抜きとかそういうのはナシなんだよ!」という渉のセリフに顕著に現れてる。
とにかく、狭い道では体勢が崩れたらゲームオーバー、ってのがオマケのルールなのかな。

でも暗黙とはいえ「追い抜きはナシ」がルールだとすると、デフォルトの先行後追いポジションを故意に崩すのって、微妙に反則と紙一重って気がしないでもない。


しかし渉にはあれだけの熱意があるんだから、意地でも啓介を追いかけてほしかったりなんかする。

posted by Silvia at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 頭文字Dストーリー
2005年06月24日

他の作品との意外な共通点 〜聖闘士星矢編

ANIMAXでここのところ「聖闘士星矢 冥王 ハーデス十二宮編」というのをやっていて、なんとなく見ていたら結構おもしろくなってしまい、結局昨日の最終話までほとんど毎回見てしまった。
最終回にもかかわらず話は全然区切りがついてないので、続きはどうなっているのかと非常に気になる。


これに、ラダマンティスというかなり強めの敵キャラが出てくる。
ハーデス城に乗り込んだ聖闘士たちが、こいつにことごとくひねりつぶされてしまう。まあ、ここは相手のホームグラウンドだから、アウェイのアテナチームはこてんぱん、ってところなのかな。

で、なんとなく前から、「この喋りは、もしや涼介・・?」という気がしていた。最初はあまり出番が無かったのでほっといたけど、あるときクレジットを見たら、やっぱり涼介だった・・・。涼介がそのまんまハーデスのスペクターになってたよ。


そして、ラダマンティス涼介に叩きのめされた星矢が最後の気力を振り絞って、「燃え上がれ、俺のコスモよー!」とかなんとか叫ぶ。あれだけ痛めつけられて死なないってのも不思議だけど。彼ら、気合と根性だけは半端じゃない。

それにしてもこのシーン、シチュエーションといい、叫びっぷりといい、「曲がってくれ、俺のハチロクー!」と波長がまったく同じなんだよね。見てて思わず笑ってしまった。
posted by Silvia at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のカテゴリ
2005年06月23日

映画試写会

avexnetからのメールマガジン号外が来ていた。
実写版映画の試写会に25組50名さまご招待、だそうで。

・・・しかし、申し込みは6月22日だった。・・・昨日か。。
めんどくさがりなので、普段からあまりマメにメールチェックをしていないことがあだとなってしまった。

ところで、この映画って全国何系ロードショー?それと、何語で会話してんだろ。
posted by Silvia at 20:48 | Comment(3) | TrackBack(1) | 頭文字D 実写版映画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。