2006年01月21日

今回のヤンマガ 1月?日号 & 雑感

先月から始めてしまった翻訳チェック校正の仕事が2件に増えてしまい、更にドツボにはまっているのである。。。調査確認事項多すぎ。毎日殆ど自分の時間をこれに費やしている。。
しかもバイト料安すぎ・・・。すでにその5〜6倍は働いてるぞ。
おまけに訳文の日本語もチェックついでに全部書き直してくれとか、もーまじで「泣けるぜ」という、ダーティ・ハリーのセリフが頭から離れない。

しかし、いい加減飽きてきたな・・・。というわけで、早く普通の生活に戻りたいとの願いをこめて今回のエントリー。最近イニDも全然観てないし、音楽も殆ど聴いてない。
すごく前置きが長くなった。。

そんなわけで、以下ネタバレ含んでおります↓



********************

で、今回のヤンマガ。
もしかしてインプ出動の伏線!? って感じだね。それともインプで得たその感覚をハチロクで再現するのか・・・??
フツーに考えたら無理そうなんだけど、しかしフツーの人には無理なことをやってしまうのが拓海なのである。
そして、(ごく)一部の人々に、ワン・ハンド・ステアリング走行が流行りそうな予感。

それから、真子ちゃんを思い出して感慨にふける池谷先輩。
(まだあれから1年しか経っていないとは!)
イツキや健二先輩いわく、「(真子ちゃんという)最初のハードルが高すぎた」のが次につなげられない原因らしい。そして、まだ夏なのに、「クリスマスまでにはなんとかしよう」と決意をする3人。。先が長すぎると呆れる店長。
こういうところって、アニメにするより漫画で読んだ方が面白いところかな。

しかしもうこの際、次の女の子出てこなくていいから、池谷先輩をハッピーにしてやってください。と、切に願う。
たぶん多くの読者的にも、真子&沙雪コンビがまた出てきてくれたらうれしいんじゃないかなあ。
たまには、懐かしい顔ぶれ出てほしいな。そう、中里とかも。

********************

あと、前回のエントリーで、「プロジェクトDって、ぶっちゃけ、ど〜なのよ」というセリフについて書いたけど、も一回観たら、「ぶっちゃけど〜なのよ、プロジェクトDって」が正しかった。ちょっと訂正。

ついでにイニDには関係ないけど、「ぶっちゃけど〜なのよ」つながりってことで、常々「ど〜なのよ」と思ってることを。


某ターミナル駅の地下構内に、コインロッカーが置いてある。
最新型のロッカーらしく、モニターで操作するタイプのとかもある。大きさは普通と同じ。
基本的には時間制なんだけど、そこでは「月極めコインロッカー」もやっているらしい。

「仕事に、プライベートに、あなただけのコインロッカーを」

みたいなうたい文句が立て看板(てか「旗」だ)が立っている。

しかし、コインロッカーを月極めで借りる人って、どんな人だ???
どう考えても、怪しい副業やってる人が副業グッズを入れておくとか、親に内緒でなんかやってる高校生あたりが着替えの服を入れておくとか(高校生が契約できるかは不明)、そういう「アヤシイ」系の使い道しか思いつかない。

借りる人がどれだけいるのか、いないのか?で、月極め料っていくらよ??
どうでもいいことだけど、なんとなく興味はある。

ぶっちゃけ、ど〜なのよ、月極めコインロッカーって。って感じ。
まあ、ニッチなところに目をつけたなあとは思うけど。でももしかして、自分に使い道が浮かばないだけで、世の中的にはヒットしてたりするのかな。

世界のHONDAの創始者、本田宗一郎氏の言葉にこんなのがあるらしい。

「みんながやっていることをやるな
 みんながやらないことは絶対やるな
 みんながやるかやらないかで悩んでいることを思い切ってやれ」


さすがだね。

でもこの言葉に照らし合わせると、月極めコインロッカーって、すごく微妙。。

posted by Silvia at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭文字Dストーリー
2006年01月10日

AAA宣伝カー

あけましておめでとうございます、なんていう時期もとっくに過ぎてしまった。。
今更ですが、今年もよろしくお願いします。


怒涛のような年末年始を超え、先日、ようやく今年の手帳を買いに渋谷へ。今年はもう一回り大きいのにしようとさんざん迷った挙句に決めた手帳が、品切れ中で取り寄せに・・・。
しかたないので、中身だけ買ってきた。


・・・と書いているだけではただの日記になってしまう。
というわけで、無理やり頭文字D話へ。でも、関係あるような無いような。


渋谷のHMVで、AAAが結構大きく宣伝されてた。「へー」とか思ってたら、駅前で宣伝カー(っていうとなんかしょぼいイメージあるな・・・)が走ってた。あれ、なんて呼ぶのかな?
小型トラック位の大きさで、窓やらなにやらまったく無くて真っ白に塗られてて、ちょっとヘンテコな形してて、壁面にAAAとかメンバーの写真とか、新発売のアルバム「ATTACK」(だったかな)の文字が派手に書かれてる。
そして大音響で曲をかけながら道を走っていくという、まあ、宣伝カーだよね。

さすがにふつうの道なんで、あっという間に通り過ぎてしまったために、イマイチよく見られなかったし曲も聴かれなかった。(もう暗かったので見づらいということもあったかも)
(かかってた曲は「BLOOD on FIRE」みたいだったけど、そうなのか???新曲じゃないの??もしかして、どの曲も似たような曲調だったりして・・・!?)

駅前で10分くらいの間に、3,4回見かけたにもかかわらず、こんなにも覚えていないって、宣伝効果としてはどうなんだろ?

少なくとも、もう少しゆっくり走らないと。(無理か)
しかも、AAAオンリーではなく、誰かソロの人との組み合わせ宣伝みたいだったよ。それともメンバーから誰か独立したのかな。それすらよくわからない。


4th Stage Vol.10で、ギャラリーだかパープルシャドウのメンバーだかが、「プロジェクトDって、ぶっちゃけ、ど〜なのよ」って聞く場面がある。
結構日常の生活の中で、「○○って、ぶっちゃけ、ど〜なのよ」って思う場面は結構ある。
この宣伝カーも、効果的にはぶっちゃけ、ど〜なのよ、って感じだな。。
posted by Silvia at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭文字D 音楽 CD
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。