2006年05月22日

最近秋山渉に非常にシンパシーを感じてる

最近秋山渉に非常にシンパシーを感じてる

渉の名言、「ストリートファイトは、ハートが強いほうが勝つんだ!」というのが自分的に一番ヒットしたキャラ語録なんだけど、最近「ハート」という言葉がこれからのキーワードになりつつあるんじゃないかという気がしてる。

これまで、「ハートが云々」なんていったら「クサイ」「古い」くらいにしか思われなかった風潮があったけど、時代は今、「ハート重視」の見直しの時期にきているような気がするんだよね。


今日も、前からちょっと気になっていた『リッツ・カールトンで学んだ 仕事でいちばん大事なこと』(林田正光著)という本を買ってしまった。
最初は立ち読みで済ませて、主だったところだけ覚えて帰ろうなどというセコいことを考えてたんだけど。

自分は別にホテル業界にいるわけでもなく、リッツ・カールトンの顧客でもなく、ましてやサービス業をしているわけでもないけれど、一言で言えば「感動した」。
最近本を読んでも、どうもほかの事を考えてしまったりして途中で挫折することが多いのに、これは感動しながら最後まで読んでしまった。
組織とか全然関係ない立場にいるにもかかわらず、この本はたぶん自分のバイブルになるんじゃないかとすら思えてくる。

そしてマジで、リッツ・カールトンの常連客になりたいとすら思ってしまったのである。

簡単に言うと、「リッツ・カールトン式最高級のおもてなしはどのようにして培われているのか」、ってことが書かれているので、これだけだと業界人でもなく、リッツのお客でもない人にはど〜でもいい内容に思える。

お客のリクエストには絶対「No」と言わないとか、愛犬の誕生日に一緒に泊まれるとかその他もろもろの特注サービスの話は聞いてた。
でもそういったことを、義務とかマニュアルじゃなくて従業員が自らの判断で実践してるらしい。
しかも、「今日海辺でプロポーズするんだ」なんてお客がいたら、全力で演出をバックアップするとか。しかもこれ、個人の判断でやれちゃうらしいんだよね。
言ってみれば、「自分のハートの声を聞く」ってところかな。

いちばん驚いたのは、すべての従業員に20万円くらいまでの決裁権が与えられていて、こういった、ここぞというところで顧客に満足以上の感動を与えることに使っていい、ってこと。
この予算を自分の裁量で使うことのできるには従業員本人のハートのクオリティも高くないとならないけど、それ以上に、それを考えついて実行に移した経営者の度胸もすごい。

サービス業のお手本はディズニーランドだと散々言われているけど、ここはディズニーランドなんて目じゃないくらいぶっとんでるね。
そう思っていたら、やはりこの本の随所に「ハート」という言葉が出てくる。


そんなこともあいまって、これからのキーワードは絶対「ハート」だと思う今日この頃。
一足先にそれを宣言していた渉はこれまたすごい。
やっぱハートの熱さは大事だぜ!! と再確認。(渉の言う、「強さ」とはまたビミョーに違うかもしれないけど・・・)



でもって、ハートの熱い渉が、普段何の仕事をしているのか非常に気になるところ。



・・・そんなことをしていたら、今日ヤンマガのことすっかり忘れてた・・・!
posted by Silvia at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のカテゴリ
2006年05月11日

今週のヤンマガ 5月8日号

取材ってことでしばらく休載してたのが、先週あたりからまた再開されて、いよいよバトル開始。

その中で今回、自分的にものすごいサプライズ発言があった・・・



******* ↓ ネタバレあります ↓ *******









「神奈川は、プロジェクトDの最終ステージ」 (by史浩)


みたいなこと言ってたよなあ。。これで関東エリア制覇だって。
ホントですか?
・・・ってことは、やはり(!)千葉の峠はナシなんだ〜〜〜



やっぱ千葉って峠無かったんだなあ。
せっかく群馬から千葉遠征のスケジュールも考えたのにな〜  残念。

神奈川といってもこの「チーム246」は前哨戦で、まだほかにも出てくるんだろうけどね。(と希望)
しかしこのチーム名もすごい。そのまんまだよ。
きっとメンバー全員が国道246号線沿いに住んでるんだろな、ってことが一瞬にしてわかる。そんなこんなで、静岡方面から来てるメンバーもさりげなくいるんではなかろうか。(いや、そういう人はやっぱ箱根あたりで走るかな)
ローカルな名前だけど、網羅してる範囲が広い。東京あたりからも来てたりして。

いずれにしても、関東エリアでおそらく一番の難関である神奈川でどんなことをやっていただけるのかが楽しみ。


しかし、神奈川が最終ステージってことは、プロジェクトDもこれでそろそろ終わり!? ってニュアンスを感じたんだけどどうなんだろ。
その後のプロドライバーに転向した続編は無いだろうなあ、って気がする。。

でもまあ、関東エリアの次の目標が出てくるといいよね。
それはつまり、前にも書いた「長野エリア」なんだけど。


先日、長野県某所に行ってきた。
そこで図らずもとんでもない峠を走ることになってしまった。。
「ここしか道が無いのかよ!?聞いてないぞ!」と、やむを得ず通ったんだけど、正丸峠かよって感じのとこ。
道は狭くて悪いわ、見通し悪すぎるわで、ほんとにここしか無いのか?って終始疑問だった。でもほんとにここしか無いっぽい。
峠道を作ったはいいけど、その後のメンテナンスもほとんどしてないような。してないって言うより、できないんだろうな〜〜〜

車一台分しか道幅無いし、対向車来たらどうしようもない。しかもほとんどのコーナーが全然先が見えない曲がり方してるので、対向車の有無がわからない。
曲がり口で警笛鳴らさなきゃならないとこもかなり多かった。

とはいえ、ほんと「山の中」な峠なので、仮に運転を誤って道を踏み外して落ちたとしても、すぐ木に引っかかって助かりそう。
しかしケータイは圏外だしほとんど車の通りも無いので、いつ救助されるかは謎。。

もう少し道幅のある峠だとドリフトの跡が路面に残ってたりするけど、さすがにここでは無かったね。(当たり前か)


そんなわけで、「峠の王者はやっぱ長野を制した者だろ」と、改めて思ったのだった。。
関東エリア制覇編の次は、長野エリア編だけで、かなり続けられると思うよ。



さらに帰りは高速を通らないで、敢えて碓氷峠を走ってきた。
ここでまた「こんな話誰からも聞いてないぞ!」というハプニング(?)に出会って目が点に。
(つづく)
posted by Silvia at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭文字Dストーリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。