2007年06月09日

VS-湾岸ミッドナイト

久しぶり〜にテレビをつけたところ、ちょうどアニマックスで湾岸ミッドナイト・スペシャルをやっていた。

イニDマニアでないフツーの人が見たら、「あ、頭文字Dやってる」って思うだろうなあ・・・、って感じだなあ。。
(フツーの人は「頭文字D」というタイトルからして知らない人も多そうだけど。「あ、あの車の漫画か」程度かな)

ヤンマガ連載とか、主人公が高校生とか、そういったベーシックな共通点はまあいいとしても、制作陣とか音楽性とかかぶりすぎ。。
監修も土屋圭市氏だしね。車の音をリアルで録音しているのも同じ。
ちなみに、主人公のライバル役は、拓海の声優さんが演じてる。この辺もビミョーに重なる。


インタビューによると、この作品は頭文字Dのスタッフがそのまんま、イニDとはちょっと違ったコンセプトで作ってるらしい。
CG作ってる人々も同じらしいね。
でもなんかイニDの方が車とか緻密な動きって感じがする。

イニDも、ヤンマガ連載は続いてるけどアニメの方は4th Stageでとりあえず打ち止めだから、後継者としてのアニメなんだろうなというのがよく見えるんだよね。
でもそれって、湾岸ミッドナイト的にはど〜なのよ!?
二匹目のドジョウというポジションでいいのかというかなんというか。。
でもこれで、アニメ・イニDファンがごっそり湾岸ファンとしてシフトしていくのかな・・・?


リアル首都高バトルで知り合って結婚までされた方々を存じ上げてるので、なんとも妙な感覚を感じるアニメ。


それにしても音楽は、avex modeが作っている限り、ソレ系のものになってしまうのは仕方ないんだろか?
ここが一番気になったりなんかして。
それにしても、ここまでいろいろかぶってると、「これってやばくね?」って思ってしまう。

湾岸ミッドナイトのアイデンティティはどこに・・・???
「乞うご期待」ってところ!?
posted by Silvia at 21:56 | Comment(11) | TrackBack(0) | その他のカテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。