2012年04月08日

新生ハチロク誕生

ちょっと前にワールドビジネスサテライトで放映された、ハチロク復活のニュースがビデオでも配信中。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_17375/

これ、本放送で見てたときには、たしかトヨタの社長が自らドリフトしてアピールしてた場面も映ってたと思うんだけどな。

しかし、気になるお値段はたしか最初400万円くらいの予定だったんじゃなかったっけ? 記憶違い!?
今春にも200万円台で発売するってニュースを見たけど。。
実物を見ていないのでなんともいえないけど、これで200万円そこそこならまあ安い方!?
なんだかんだでグレードアップしたら400万円くらいいくのかもしれないけど…。

それにしても、なんか世の中的には「若者のクルマ離れ」って言葉をよく使って、その理由があたかも車以外のところにあるような言い方するけど、実際は違うと思う。
単純に、「買いたい車が無い」ってのが一番大きいんじゃ?
だって、日本のあちこちいろんなところに行っても、かっこいいクルマとかあんまり走ってないし。
(外車除く)

ほとんどが、フツーにファミリー仕様だったり、軽自動車だったり。
CMなんか見ても、エコだの、子供と一緒にどっか行こうだのと、そんなコンセプトばっかり。
ターゲットはどうみても家族持ちでしょ。

これで若者が買いたいと思ったら、そっちの方がおかしいような。。
速くてかっこいいクルマが各メーカーから出てたらいいのにね。


さて、この新生ハチロク、昔のハチロクを懐かしいと思うオジサン(?)層と、新たに若者層との両方を取り込みたいらしい。
そんなことって可能なんだろうか…???

勝手なことを書いてしまうけど、いわゆるオジサン層と若者の両方を取るって、無理くさいと思う。。
一言で言うなら、「若者はオジサンと一緒にされたくない」から。

若者の間で流行っているものがオジサン層に浸透してくることはあっても、その逆ってあまり無い。
なぜかというと、若者は、「いわゆるオジサン」に憧れを持っていないから。
仕事や家庭で疲れてる、将来性が感じられない、おしゃれじゃない、その他諸々なイメージがあるのがいわゆる中年。とにかく、世間一般的にイメージはあまりよろしくない。
まー、文太みたいなオジサンばかりならそうではないと思うけど、現実は…。
そんなオジサン層と同じものを持ったといって、なんのステイタスも上がらないのが若者。

あー、世の中のオジサン方、ごめんなさい。

それでもなんだかんだで気になる新生ハチロク、こんな楽しいペーパークラフト工作グッズも絶賛配信中!!
これで気分を盛り上げよう〜

「細部まで再現された1/24スケールのTOYOTA86ペーパーモデルが作れる!」
http://gazoo.com/toyota_newcar/86/1202/papermodel.asp

86_manual.jpg

86_color.gif

posted by Silvia at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のカテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。