2013年06月02日

Initial-D-Fifth-stage-その1

つい最近、50インチ型のテレビを買いました。
今まではSONYのブラウン管テレビ(といっても大型)で、これを言うとたいてい驚かれます。まあ自分としては、ブラウン管テレビでも特に問題なく使えるし、テレビはあまり見ないので、別に問題は無かったんですが。

しかし、経年劣化はどうしようもなく、色が飛んでしまって、いよいよわけわからなくなってしまったので、そろそろ換え時かな〜、という次第。

で、大画面テレビで何を見ようかと思い、ブルーレイの映画なんかを借りてみたりとかしているうちに、頭文字DのFifth stageを見ていなかったことに気づいたわけですね。

そんなわけで、1〜4巻まで一気見したところの感想など書こうかなあと。


キャラの作画がだんだん崩れてくるような気がするのは気のせいだろうか。。高橋兄弟がイケメンでないのは、この漫画的にマズいのではないかと思ってみたり。
そしてこのアニメ最初から通して安定のクオリティなのは、松本さんと樹だと再確認してみたり。あ、つっこみどころはそこじゃなかった。


ちょっと気になるところがあったので、Fourth stageをもう一度見直してみました。


つづく
posted by Silvia at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭文字Dストーリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。