Top その他のカテゴリ >VS-湾岸ミッドナイト
2007年06月09日

VS-湾岸ミッドナイト

久しぶり〜にテレビをつけたところ、ちょうどアニマックスで湾岸ミッドナイト・スペシャルをやっていた。

イニDマニアでないフツーの人が見たら、「あ、頭文字Dやってる」って思うだろうなあ・・・、って感じだなあ。。
(フツーの人は「頭文字D」というタイトルからして知らない人も多そうだけど。「あ、あの車の漫画か」程度かな)

ヤンマガ連載とか、主人公が高校生とか、そういったベーシックな共通点はまあいいとしても、制作陣とか音楽性とかかぶりすぎ。。
監修も土屋圭市氏だしね。車の音をリアルで録音しているのも同じ。
ちなみに、主人公のライバル役は、拓海の声優さんが演じてる。この辺もビミョーに重なる。


インタビューによると、この作品は頭文字Dのスタッフがそのまんま、イニDとはちょっと違ったコンセプトで作ってるらしい。
CG作ってる人々も同じらしいね。
でもなんかイニDの方が車とか緻密な動きって感じがする。

イニDも、ヤンマガ連載は続いてるけどアニメの方は4th Stageでとりあえず打ち止めだから、後継者としてのアニメなんだろうなというのがよく見えるんだよね。
でもそれって、湾岸ミッドナイト的にはど〜なのよ!?
二匹目のドジョウというポジションでいいのかというかなんというか。。
でもこれで、アニメ・イニDファンがごっそり湾岸ファンとしてシフトしていくのかな・・・?


リアル首都高バトルで知り合って結婚までされた方々を存じ上げてるので、なんとも妙な感覚を感じるアニメ。


それにしても音楽は、avex modeが作っている限り、ソレ系のものになってしまうのは仕方ないんだろか?
ここが一番気になったりなんかして。
それにしても、ここまでいろいろかぶってると、「これってやばくね?」って思ってしまう。

湾岸ミッドナイトのアイデンティティはどこに・・・???
「乞うご期待」ってところ!?
posted by Silvia at 21:56 | Comment(11) | TrackBack(0) | その他のカテゴリ
この記事へのコメント
はじめまして♪
こちらのブログをたまたま見つけまして、ジックリと読ませてもらってます^^
私も「頭文字D」マニアで、イニDオタクです。。。
ちょこちょこと遊びに来ますので、リンクを貼らせてもらいました
(事後ですみません...問題ありましたら当方のブログのメールからご連絡頂ければ幸いです)
Posted by Mikarin@EK9 at 2007年06月16日 10:06
Mikarinさん、こんにちは。
コメントいただいているのに気づかなくてすみません!
ここの所忙しくて全然更新できていませんが、またぼちぼち書いていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。
Posted by ブログ作成人 at 2007年11月02日 11:00
上り最速は、星野好造
下り最速は、城島俊也もしくは、藤原文太
Posted by ボスゴリ at 2008年06月08日 16:02
ボスゴリさんこんにちは。
コメント投稿の通知機能が全然働いてないみたいで、気がつかなくてすみません。。

そうですねえ、私も実はイニDの中での最速は、オジサンたちだと思います。
カイのとうちゃんも東堂塾長も含めて、オジサン対決をしてほしいと本気で思ってます。
Posted by ブログ作成人 at 2008年10月20日 18:24
はじめまして。
確かに二つの作品の設定はかぶってますよね。
「化け物」的な旧車に乗ってる主人公が高校生とか、
「秋名の86」や「悪魔のZ」に魅入られた者達が次々と登場してくる展開とか。
アニメの方はその上にAvexの音楽、あのCG,ドリキン土屋の監修w。
雰囲気までかぶりまくりですよねw。

しかし作品自体はこれだけ設定、展開がかぶってる割に方向性が違うと言うか、真逆の感じがするのが面白いです。

イニDはダウンヒルという世界でテクが重視され、湾岸では300kmの世界で車造りのメカニックに重点が置かれる。

生活感のある表現で主人公の成長を描いてるイニDに対して、1台の車と300Kmの世界に魅入られて人生を巻き込まれる大人を描く湾岸。

私はどちらも好きですけどwイニDの方が明るいっていうか、プライベートを描いてる部分のほのぼのとした感じが好きですねw。
そういう部分で日常と非日常、緊張と緩和が巧く出せてる感じがします。

個人的な意見ですが下り最速は圧倒的にインプの文太でしょうw。
秋名の下りで拓海の86をあっさりですからw。
バトルとかってレベルじゃぁないですよw。
Posted by おんちゃん at 2009年03月15日 23:28
こんにちは、おんちゃんさん。はじめまして。
コメントありがとうございます。

その後湾岸ミッドナイトを見ていないのですが、
アニメ版はとっくに終了しているみたいですね。
予想通りにイニDファンがシフトしたのかどうかも未確認です・・・

>「秋名の86」や「悪魔のZ」に魅入られた者達が次々と登場してくる展開とか。

日本人のメンタリティとして、どうみても勝ち目がない者(昔の車)が
それより強い相手(最新の技術搭載の車)に勝ってしまうと
なんだかうれしい、ということも人気の理由なのかなという気もします。

>イニDはダウンヒルという世界でテクが重視され、湾岸では300kmの世界で車造りのメカニックに重点が置かれる。

そうですね。イニDはメカニックにこだわったバトル相手が、
拓海の天然ドラテクには負けてしまうということが多いですよね。
現在進行中の原作の方も、雨のバトルになりそうだということで、
このあたりが重視されるのではないかと思います。

下り最速は文太というのはまったく同意です。
この調子では上りもか!?といったところです。
結局この漫画、“文太最速”でFAではないかと。。
(それを言ってはおしまいですけど・・・)
Posted by ブログ作成人 at 2009年03月18日 20:43
Posted by at 2011年11月23日 21:06
エクスドライバーを忘れるな
Posted by at 2011年11月23日 21:08
ごめんなさい、エクスドライバーって見てないもので。。
Posted by ブログ作成人 at 2012年01月18日 10:09
あぁ〜ごめんなさい。いきなり、「エクスドライバーを忘れるな」って言って申し訳ないです(-_-;)いやまぁ〜イニDや湾岸意外にもカーアニメがあるよっと言いたかったんだ!(まぁ〜勿論、それ以外もあるかも…)
ちなみに、作成人さん、エクスドライバーをご存知ですか?
Posted by ミッシェル at 2012年02月28日 21:19
ミッシェルさん;

毎度ながら、レスが遅くてすみません。このところずっと忙しくて死んでました。
エクスドライバー、教えていただくまで知りませんでした。。
Youtubeとかで見て、だいたい感じがわかりました。イニDとかとは違うコンセプトで面白いです。
キャラの顔が、なんか見たことある風貌だと思ったら、原案があの方だったんですね。
舞台が近未来ということのようですが、走ってる車のデザインが現代のものが多くて親近感あります。

頭文字Dとかその他日本のカーアニメに影響されて、海外で似たような実写映画も作られてますが、やっぱり日本のアニメが最強って思います。
ストーリーや細かい演出なんか、日本のアニメや漫画ってほんとによくできてますからね。
Posted by ブログ作成人 at 2012年04月08日 11:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。