2013年07月22日

「頭文字D」18年の歴史に幕と新劇場版アニメ映画

ついに完結…! ネットニュース数社にも出てました。

「頭文字D」18年の歴史に幕 新劇場版アニメ映画の制作決定!
シネマトゥデイ 7月22日(月)13時12分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130722-00000019-flix-movi

 単行本の累計発行部数4,800万部を誇るしげの秀一の人気漫画「頭文字D」の連載が、7月29日発売の「週刊ヤングマガジン」で最終回を迎えることがわかった。同時に、原作最後の公道バトルをアニメ化する「頭文字[イニシャル]D Final Stage」の制作と、新劇場版アニメ映画『頭文字D』の制作・2014年夏の公開が決まった。

 1995年から「週刊ヤングマガジン」で連載されてきた「頭文字D」は、主人公・藤原拓海が豆腐屋を営む父の愛車「ハチロク」を自在に操り、最強の走り屋たちと繰り広げる公道バトルをスリリングに描いた青春ドラマ。制作が決まった「頭文字[イニシャル]D Final Stage」では、関東最終戦で拓海のハチロクと同じくハチロクを駆る乾信司との“ハチロクVSハチロク”の戦いが描かれる。

 一方の新劇場版アニメ映画『頭文字D』は、過去のシリーズとは一線を画した、誰も観たことのない物語を目指すという。その先行映像が、7月26日から渋谷ヒカリエで開催される「ヤングマガジン大アート原画展2013」でのみ初公開される予定だ。(編集部・小松芙未)

新劇場版『頭文字D』は2014年夏公開



18年か〜。知らなかったけどそんなになるんだね。
そういえば連載初期の場面では、携帯電話なんか無かったような…。
登場する車にも歴史を感じるようになったというか。
寂しくなるなあ。
まずは、しげの先生お疲れ様でした。しばらくゆっくり休まれてください。


でも来年は劇場版映画が公開されるんだね。
渋谷へ行ける人は、先行映像を見に、「ヤングマガジン大アート原画展2013」へGo!

ヤングマガジン大アート原画展2013
http://kc.kodansha.co.jp/SEP/02888/01/ym_art_exhibition2013/index.html

『頭文字D』

■単行本1巻から46巻までのカバーイラストの複製原画を、一挙展示!

■『頭文字D』コーナーに展示されている複製原画を購入すると、『頭文字D』特製グッズの詰まった福袋をもれなくプレゼント!



つうか、このサイトでは先行映像の通知が無いんだけど、まだ詳細は決まってないんだろうか!?
posted by Silvia at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭文字Dストーリー
2013年06月02日

Initial-D-Fifth-stage-その1

つい最近、50インチ型のテレビを買いました。
今まではSONYのブラウン管テレビ(といっても大型)で、これを言うとたいてい驚かれます。まあ自分としては、ブラウン管テレビでも特に問題なく使えるし、テレビはあまり見ないので、別に問題は無かったんですが。

しかし、経年劣化はどうしようもなく、色が飛んでしまって、いよいよわけわからなくなってしまったので、そろそろ換え時かな〜、という次第。

で、大画面テレビで何を見ようかと思い、ブルーレイの映画なんかを借りてみたりとかしているうちに、頭文字DのFifth stageを見ていなかったことに気づいたわけですね。

そんなわけで、1〜4巻まで一気見したところの感想など書こうかなあと。


キャラの作画がだんだん崩れてくるような気がするのは気のせいだろうか。。高橋兄弟がイケメンでないのは、この漫画的にマズいのではないかと思ってみたり。
そしてこのアニメ最初から通して安定のクオリティなのは、松本さんと樹だと再確認してみたり。あ、つっこみどころはそこじゃなかった。


ちょっと気になるところがあったので、Fourth stageをもう一度見直してみました。


つづく
posted by Silvia at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭文字Dストーリー
2011年10月08日

ANIMAX-一挙再放送

ANIMAXがBS放送も開始するとかで、「頭文字Dシリーズ、劇場版も含めて一挙放送!」 が開始されました。
DVDで持っているとはいえ、放送されているとついつい見てしまう…。
まあ、改めて最初から見てみると、それはそれで新鮮かも。

一方でヤンマガでの連載はクライマックスにかかっているようで。。
ちょい役の脇役を含めて、こちらも一挙登場していただきたいと切に願ってます!
まー、なつきと再会しちゃったら、ちょい複雑かもしれないけど。。

あとは、4th Stageで省略されていたバトルも今後アニメ化してほしいなあ〜
スピンアウト番外編の製作も大歓迎です。
製作サイドの方々、是非よろしくお願いいたします。

http://www.animax.co.jp/program/NN00014425
http://www.animax.co.jp/program/NN00014426
posted by Silvia at 00:16 | Comment(5) | TrackBack(0) | 頭文字Dストーリー
2011年08月07日

そろそろ大詰め!?

そろそろ大詰めといった感じで、これまでの登場人物が勢揃いしてきたね。
先週からは、沙雪&真子のシルエイティコンビに出会うシンジ君。

多分、最初の頃の拓海と同じで、バトルとか全く楽しいと思えず悶々としているところを、二人に走ることの楽しさを諭され、ちょっとやる気になるとみた。
拓海といい勝負をしながらやはり経験の差で負けてしまい、「世界は広いんだな〜」と開眼したりとか。
一方、昔の自分を思い出して、懐かしく思う拓海であった…という勝手な予想。
走り屋も、新しいジェネレーションがどんどん生まれてくるぜ、という。

懐かしの面々が次々顔を出すということで、このマンガもやっぱり終わりに近づいてるのかな。
もうこうなったら、徹底的に全員出演して、お祭り的に盛り上がっていただきたい。

それにしても、容姿端麗・頭脳明晰な割にどうも「幸薄い感」があった涼介が、なんかふっきれたようでよかった…、などというところで安心してしまう。。
まあみんなそれぞれこの1年余り(ストーリー上で)でいろいろと成長したんだなあ〜、という感動ストーリーにもなっていたりする。


そんで、なつきはどこいったんだろ???
posted by Silvia at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭文字Dストーリー
2011年03月09日

今週のヤンマガ

ものすごく久しぶりの更新になってしまった・・・
いろいろと忙しく、ストレスフルな毎日なわけだけど、そうこうしているうちに、プロジェクトDも最終戦に。

最後のプラクティスも終るということで、なんとなく回顧モードな今回。
あ〜、この作品も終盤に向かっているのだろうかというフラグ。
一話完結のマンガじゃないから、やっぱずっと何十年も続けるのは厳しいけど、終わってしまうのも寂しいな。

でも、ストーリー的にある程度の区切りが着いたら、またアニメ化してほしいよ。
近頃流行の(?)3Dにしたら、めちゃくちゃ面白いと思うんだけどどうだろ。
攻殻機動隊も3D化されて劇場版上映されるみたいだし。

http://www.ph9.jp/sss-3d/description/

posted by Silvia at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭文字Dストーリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。