2008年10月20日

Blazin-Beat-Dive-into-Stream-頭文字D-Extreme-Stage

こんな動画がニコ動に上がってたのに今気づいた・・・
6月25日にアップされてたんだ。
(これは普通のと違って、動画そのものがブログなんかに貼れない)

【ニコニコ動画】DOGFIGHT + DIVE INTO STREAM(PLAYSTATION(R)3「頭文字D EXTREME STAGE」) / m.o.v.e

【頭文字D】シリーズでおなじみのスーパーユニット"m.o.v.e"。新曲「DIVE INTO STREAM」リリースを記念して「DOGFIGHT」のビデオクリップとDIVE INTO STREAM(PLAYSTATION(R)3「頭文字D EXTREME STAGE」)公開!

(無理やりぶつ切りな)PVのメドレーって感じ。
でも最近忙しくてDVDもしばらく見てないし、ゲームもやってないので、結構新鮮。


・・・と思ってたら、この動画が終わると自動的にDOGFIGHTのPVにジャンプした・・・!

【ニコニコ動画】DOGFIGHT + DIVE INTO STREAM(PLAYSTATION(R)3「頭文字D EXTREME STAGE」) / m.o.v.e


・・・と思ったら、次は『SPEED MASTER / m.o.v.e feat.8-BALL』にジャンプ。

【ニコニコ動画】SPEED MASTER / m.o.v.e feat.8-BALL

m.o.v.e PVの無限ループなのか。。
posted by Silvia at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭文字D 音楽 CD
2007年04月21日

Super-eurobeat-presents-頭文字イニシャルD-Fourth-stage-d-selection-+2

なんかいつも書いてるような気がするけど、だんだん「いわゆるユーロビート」な曲調でなくなってきてる。
もっとハードロック調寄りになってきてるんだよね。
(個人的にはそういうの結構好きだったりするけど)
打ち込みパートを別にすれば、普通にロック・ミュージックと括ってしまっても全然問題ない。

で、中でもこのCDはそれがとても顕著だと思う。
普通にロックのコンピレーション・アルバムといってしまっても違和感無いな。(まあそもそも『SUPER EUROBEAT』シリーズ自体がコンピレーションCDなんだけど)
しかもハードというよりはヘヴィなのが割と多いかも。

個人的に今回イチオシなのは、イチオシ順に

7. MOVIN’UP MOVIN’NOW(JEAN LOVE)
1. SUPERTONIC LADY(MEGA NRG MAN)
6. RAISING HELL(FASTWAY)
5. DRIVIN’CRAZY(ACE)

その他もろもろ。


「MOVIN’UP MOVIN’NOW」はかなり異色な曲だね。
テンポの良さが、凄く凝ってる構成とアレンジにマッチして聴いてて飽きない。
アニメでは、対坂本戦のときに流れたけど、作中ではあまりこの曲の面白さが出てないので、CDで一曲丸ごと聴きたいところ。


「SUPERTONIC LADY」は、歌詞が結構しっかりある。
普通の曲(特にこういった軽めの曲)は、ほんの数段落の歌詞をひたすら繰り返すことが多いんだけど、この曲はちゃんとしてる。
Act.7で、池谷先輩x東京から来た二人との追いかけっこのBGMとして使われてるんだけど、結構いい曲なので、池谷先輩はいいとしても、東京から来たデブに使うのはもったいない。
でもだからといって、このデブ向けには何の曲をセレクトしたらいいのか? というのは難しいな。。
この曲は時々、着メロ設定して朝起きるときのアラームにしてる。


そして、最初は印象薄かったけど、何度か聴いているうちにだんだん味が出てきたのは「STEEL BLADE」。

ただ、ちょっと惜しいなあと思ったのは、曲はいいのにその終わり方が唐突で、なんだか違和感感じるところ。

たとえて言うなら、マンボウを見て「これ、下半身を敵に食べられたのか!?」と思いきや、実はデフォルトでそういう体型だった「あれ、これでいいの?」っていう中途半端感。
ボディはしっかりしてるのに、突然切れてます、みたいな。一応切れ方は締めてるけど。


エンディングの違和感、更にもうひとつ、「DRIVIN’CRAZY」。

これは、ラジオでかかる曲を聴いていて、CMに入る直前に急に音が小さくなってフェイドアウト・・・という感じにそっくり。
せめて、あと4小節くらいはほしいとこ。


「I BELIEVE IN LOVIN’YOU」、とてもさわやか。
拓海が坂本にブラインドアタックを仕掛けるあたりに流れてる曲。
詩の内容的には、非常に大雑把に言ってしまうと「いつまでも愛してるよ」というだけなんだけど。



ところで、リーフレットの最後にあるクレジットを見ると、「DRIVIN’CRAZY」のところ、"PUBLISHED BY BY AVEX GROUP..."って、"BY"が二重についてるよ。
別にあら捜ししてるわけじゃないんだけど、こういうのってなぜか、ぱっと見て目に入っちゃうんだよね。


残りの曲はまた後日。


4th_2.jpg


SUPER EUROBEAT presents 頭文字D Fourth Stage D SELECTION 2
posted by Silvia at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭文字D 音楽 CD
2007年02月23日

頭文字D-Fourth-Stage-D-selection-3

ここんとこ音楽関係のエントリーを全然書いてなかったな。。

というわけで、最近は『SUPER EUROBEAT presents INITIAL D NON-STOP MIX from KEISUKE-selection』(タイトル長すぎ・・・)ばっかり聴いてるんだけど、今日は『SUPER EUROBEAT presents 頭文字D Fourth Stage D SELECTION 3』を。

しかし、どうでもいいけど、CDのタイトルが長いっていうかどれも似通っててわかりにくいというか。
『SUPER EUROBEAT presents 頭文字[イニシャル]D』ってのはお約束の冠みたいだね。

一応、Sound Filesの方は、スーパーユーロビートじゃないから『オリジナルサウンドトラックアルバム』ってなってるけど、結局、『オリジナルサウンドトラックアルバム 頭文字[イニシャル]D』ってのが冠としてついてるんだよね。
長い。& まぎらわしい。。

だけど、それはもうわかったから、もうちょっと何とかならないかな・・・。
タイトル欲張って詰め込みすぎ。


で、4th Stage D Selection 3。
4thステージに入ってから、なんかマイナー調の曲が多いように思える。
つまり、ちょっと物悲しい雰囲気のする曲。
あんまりイケイケGoGo!調の曲とか、ハードロック調の曲がなくなってきたような。
あえて言うなら、そういったマイナー調の曲は、メロディアスロックって感じかな。

ロックも非常に幅広くなって、ジャンルも細分化されてきてる中(「ラウドロックってなんだよな〜」って、以前のエントリーで書いた)、「(スーパー)ユーロビート」って括りだけがワイドレンジになってる気がする。

へー、こんなのもユーロビートなんですか、みたいな。

そしてこのCDでは、好きな曲にあんまりデイヴ・ロジャースが絡んでないなあ。。

とりあえず一押しの曲は
1.LOOKA BOMBA / 2.RIDER OF THE SKY / 3.GO GO MONEY / 4.KINGO KING'O BEAT

どれも『ノンストップ啓介セレクション』に入ってるけど、この中でデイヴが絡んでるのは「GO GO MONEY」だけかな。

けど、啓介セレクションの方は、どれもちょっとテンポが速くなってる。
そっちを聴いてからこの『Dセレクション3』を聴くと、もたついた感じがして、「あれっ?」って思うんだよね。
ほんのちょっとの違いなんだけど。

「LOOKA BOMBA」。
歌詞カードと実際の歌が違ってるように聞こえるところがあるんだけど、どうなんだろ。

歌詞カードでは「Risin' flame feelin' hot in my heart...」ってなってるところ、なんか「〜in your heart」って聴こえるんだよなあ。。。

それと、「Looka bombab over you」ってなってるところもあるけど、「bombab」じゃなくてやっぱ「bomba」かなと思う。

他の曲は歌詞カード見てないからわかんないけど、ほかにもこういった誤植みたいなのありそうな予感。

そうそう、そんでまたGT-Rのテーマ曲、「BACK ON THE ROCKS」が入ってる。
正直、これまでのCDに入ってたバージョンとどこがどう違うのかよくわからない。。
なんか途中の間奏あたりが微妙に違ってる!?(謎



んで、最近の傾向として、一曲ずつの歌が入ってる最後に、ボーナストラックとして、それらすべてをノンストップにリミックスした曲が入ってるね。
個人的にはこのおまけ、すごく気に入ってる。
そういったCDの中で、もしかして一番気に入ってよく聴く曲かも。。

これなら、ちょっとテイストが合わなくて丸ごとはあまり聴く気にならない曲でも、抵抗なく聴けるしね。

SUPER EUROBEAT presents 頭文字[イニシャル]D Fourth Stage D SELECTION 3

SUPER EUROBEAT presents 頭文字[イニシャル]D Fourth Stage D SELECTION 3
posted by Silvia at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭文字D 音楽 CD
2007年02月12日

デイヴ・ロジャースからのメッセージ

こっちのブログじゃなくて普通のサイト版作ったそっちの掲示板で、「劇場版3rd Stageの一場面で使われた曲はなんですか?」って質問があったので、すごく久しぶりに3rd StageのDVDを取り出してみた。

INITIAL D THE MOVIE OF SUPER EUROBEAT


そしたら、ケースの中にはDVDのほかに小冊子が入ってたのに改めて気づいた。。
「えー、こんなのあったっけ??」って感じ。

冊子の最後の方に、デイヴ・ロジャースからのメッセージがあったことにも、これまた改めて気づいたわけで。

「ユーロビートは何もディスコ専用の音楽というわけではないんです。ドライヴをしているときとか何かに集中したいときにはまさに最適な音楽といえるでしょう。(後略)」


って書いてあるのを見て、「そうなんだよね〜〜〜」と妙に納得してしまった。

頭文字D音楽は、何かやるときのBGMに最適。
気分が乗ることはもちろん、はかどるし、あまり気が散らなくていいんだよね。

最近は『SUPER EUROBEAT presents INITIAL D NON-STOP MIX from KEISUKE-selection』(タイトル長い・・・)を買って聴いてる。
ノンストップって、これまた曲の切れ目で気が散らなくていいので、なにかやる最中なんかには、個人的にすごくオススメ。

keisuke_selection.jpg


ちなみにこのCDは、1st Stage からの啓介のバトルシーンにかかった曲をセレクトしてリミックスしてある。
74分もあるわりには、あっという間に終わるような気がするほど密度が濃い。

そんなわけで「DON'T STOP THE MUSIC」だの「HEARTBEAT」だの「BACK ON THE ROCKS」といった懐かしい曲も結構入ってる。
もうこれらの曲って、「頭文字Dクラシック・ユーロ」とかって呼んでもよさそうなほど古典だね。


それにしても、もうすでに2001年あたりにいいこと言ってたんだなあ、デイヴ。
その通りですよ。


★頭文字Dな日々 PC版掲示板

★頭文字Dな日々 ケータイ版掲示板
posted by Silvia at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭文字D 音楽 CD
2006年02月03日

GT-Rのテーマ曲

バッハのトッカータとフーガ(ニ短調 (BWV565)ってやつ)で始まる「Back on the Rocks」は、もしかして中里の、もしくはR32のテーマ?って書いたことがあった。
実は「Vocal Battle Second Stage」ってアルバムでは、「中里のテーマ」ってのがあって、それはまさにこのトッカータとフーガのアレンジ曲になっていることを後から知った。(「Back on the Rocks」は入ってなくて、ひたすらトッカータとフーガのテーマのアレンジ。しかも、「Vocal Battle」なのに、歌は入っていない。ついでに言うと、このアルバムには歌の入ってない曲が他にもある。「Vocal Battle」って、微妙なネーミングだ)
しかしこれがまた結構かっこいいアレンジになってるんだな。

そして、4th Stage Vol.10では、好ちゃんが自分のR34について語るとき、この曲の別ヴァージョンがかかっている。更に回想シーンでR32の話をするときには、中里ヴァージョンの曲が流れる。
まさかここへきて、バトル中に懐かしい曲が聴けるとは思ってもみなかったので、ちょっと嬉しかった。


ということは、このトッカータとフーガ自体が、GT-Rのテーマ曲なんだな〜
posted by Silvia at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭文字D 音楽 CD
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。